取扱商品

取扱い商品

当社では、非鉄金属...
特に銅、黄銅、アルミ、ステンレスを中心に、ニッケルやチタンなど、
幅広い金属材料の切断・加工および販売を行っております。

銅合金

1-dou.png

銅合金(どうごうきん、英:copper alloy)は、銅を主成分とし、種々の元素を添加した合金である。
人類が最も古くから使用した金属の一つであり、現在でも鋼やアルミニウム合金とともに最も重要な金属材料である。
銅合金の特徴としてまずあげられることは、一般に耐食性にすぐれ、機械的性質・電気的性質などがよい。
代表的なものは黄銅(銅と亜鉛)、青銅(銅とスズ)であるが、そのほか洋銀(銅とニッケルと亜鉛)、ケルメット、マンガニンなど、ニッケル・鉛・ケイ素・マンガンなどとの2元~多元のきわめて多種類が実用されている。

 

アルミ

2-arumi.png

アルミニウム合金(アルミニウムごうきん、英: aluminum alloy)は、アルミニウムを主成分とする合金である。
アルミニウムには軽いという特徴がある一方、純アルミニウムは軟らかい金属であるため、銅、マンガン、ケイ素、マグネシウム、亜鉛、ニッケルなどと合金にすることで強度など金属材料としての特性の向上が図られる。
資源的に豊富で、鉄に次ぐ量が使われている。
比重が鉄の約3分の1と軽く、緻密な酸化物保護膜により腐食が進行しにくい。
建材、車両、機械のほか、各種日用品にも広く利用される。
展伸用と鋳造用に大別される。
展伸用とは圧延あるいは押出しなどの塑性加工によって板や形材に加工して使用するものであり,鋳造用には砂型・金型鋳物として使用するものとダイカスト用がある。

 

ステンレス

3-suten.png

ステンレス鋼(ステンレスこう、英:Stainless steel)は鉄(Fe)を主成分(50%以上)とし、クロム(Cr)を10.5%以上含むさびにくい合金鋼である。
「ステンレススチール」や「不銹鋼」(ふしゅうこう)、「ステンレス」、または「ステン」などと呼ばれ、JISにおいて主に「SUS」の略号が付けられる事から「サス」とも呼ばれる。
ステンレス鋼は、含有するクロムが空気中で酸素と結合して表面に不動態皮膜を形成しており、耐食性が高い。
ステンレス鋼が作る不動態皮膜は5nm程のごく薄いクロムの水和オキシ酸化物が主体で構成されている。
クロムが作る不動態皮膜は硝酸のような酸化性の酸に対しては大きな耐蝕性を示すが、硫酸や塩酸のような非酸化性の酸に対しては耐蝕性が劣るため、ニッケルを8%以上加えて非酸化性の酸にも耐蝕性を高めているものもある。
ステンレス鋼は錆を防ぐためのめっきや塗装をしなくても済み、屋外や湿気のある場所、化学薬品を扱う機械器具、厨房設備などで用いられ、構造物や鉄道車両の外面、部品にも用いられる。

 

その他非鉄

営業品目

伸銅品・アルミニウム・ステンレス鋼ほか
非金属材料の切断・加工および販売

本社

〒460-0022
名古屋市中区金山二丁目1番4号
TEL 052-321-9141
FAX 052-321-0316

営業本部

〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町字下汐田112番地
TEL 052-629-3361
FAX 052-629-3021