• HOME
  • 大隅産業の沿革

大隅産業の沿革

kaisya.png

昭和21年(1946)
名古屋市中区新栄町において大隅松次郎が林立夫商店(現リンタツ株式会社)より独立、創業する。
昭和23年(1948)
名古屋市中区古沢町に移転し、「合資会社 大隅商店」と称する。
昭和40年(1965)
「大隅産業株式会社」を設立する。
昭和45年(1970)
名古屋市南区千竈通に社屋・倉庫を新築し、営業部を移転する。
昭和49年(1974)
同上隣地に社屋増築し、営業部を移転する。
昭和53年(1978)
名古屋市南区立脇町に切断事業部を開設する。
昭和54年(1979)
切断事業部を「有限会社三越」として独立させ設立する。
平成4年(1992)
名古屋市中区金山二丁目に社屋新築し、営業本部を移転する。
平成 4 年(1992)
大隅紀郎が2代目代表取締役社長に就任する。
平成16年(2004)
名古屋市緑区鳴海町に事務所及び倉庫を新築し、金山本社営業部と千竈営業部を集約し、鳴海営業本部として発足する。
平成21年(2009)
大隅範芳が3代目代表取締役社長に就任する。
平成23年(2011)
有限会社三越・大高営業部を廃部し、大隅産業株式会社・営業本部 営業部に集約する。
有限会社三越・切板工場は、大隅産業株式会社の切板切断業務に特化する。
営業品目

伸銅品・アルミニウム・ステンレス鋼ほか
非金属材料の切断・加工および販売

本社

〒460-0022
名古屋市中区金山二丁目1番4号
TEL 052-321-9141
FAX 052-321-0316

営業本部

〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町字下汐田112番地
TEL 052-629-3361
FAX 052-629-3021